いじりがつらいあなたへ(経験者が語る)

悩み相談

いじりがつらいあなたへ(経験者が語る)

今回は、「いじり」がつらいと感じているあなたへ伝えたいことがあります。

私自身、中学校で「いじり」に悩んでいました。
「学校行くの嫌だな、、、」なんて思うこともありました。

そんな私から、悩んでいる皆さんの助けになれるように頑張りますので、ぜひ
読んでくださいね。

それでは始めます。

どんな形であれ、本音を伝えることが大切

中学時代、ある子から日常的にちょっかいを出されていました。

主に、筆箱を隠されたり、へんなあだ名をつけられたり、無茶ぶりをやらされたりと。

最初は、しょうがないと感じていました。しかし、途中から

これはつらいな、、」と感じるようになりました。

私は、本音を伝えるのが苦手でした。

もし本音を伝えたら、さらにいじりが悪化するのではないかと思っていたからです。

 

ある日、いつものように筆箱を隠された時に、自分の中で何かがプツンと切れました。

その瞬間、私は、大泣きをしてしまいました。そのまま、先生の所へ行きました。

そこからは、とにかく泣いていましたが、少しずつ泣いた理由を先生につたえました。

すると、先生は私がいじりを嫌がっていることを、その子につたえてくれました。

 

次の日、その子は私のところに来て、「ごめんね。○○(私)が嫌がってること知らなかった。

と言われました。すると、その日からいじりはなくなり、その子と普通の友達として接するようになりました。

 

長々と語ってしまいましたが、伝えたいことは、直接でも間接的でも、どんな形であれ本音を伝えることで、状況は改善されると思います。

「あの子は私のいじりが苦痛と感じているんだ。」と気づくことが大切です。

嫌なことは無理して我慢することはありません。

あなたには、「嫌」と言う権利があります

友達のありがたみ

私が中学に行けていたのは、友達のおかげでもあります。

私がつらいときは、友達はいつもそばにいてくれました。

そのおかげで、心が少し楽になっていました。

悩みすぎることはありません

いじりやちょっかいに悩みすぎることはありません。

嫌だと感じたら、勇気をだして本音を伝えてください。

その勇気があなたの人生を変えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました